• ラッピングを施した路線バスは宣伝効果が大きい

    企業や店舗が自分たちの提供する新しい商品やサービスを、営業範囲内の人たちに広く知ってもらうための宣伝方法として、近年ではラッピングを施した路線バスを利用するというやり方が選ばれる場合が多くなってきています。

    ラッピングとは、事前に広告を印刷しておいたフィルムを車両に貼り付けるという技術です。

    独自性の高い路線バスのラッピングの知識を持つことが重要です。

    この宣伝方法は、以前はよく行われていた車両に塗装を施して広告を書き込む方法と比べると施工が簡単にできる上に、元の状態へ復帰させることも容易です。


    そのことから、限られた期間のキャンペーンにも利用しやすいというメリットがあります。


    ラッピングを施した路線バスによる宣伝を行う際に、バス会社へと支払う金額は決して小さくはありませんが、それだけの価値は十分あると言えるでしょう。



    その理由の一つは、バスは他の車両と比べると大型なので、宣伝を書き込むスペースもまた大きいため、希望にマッチした広告を入れやすいことです。



    情報をたくさん入れ込んだり、店名や商品名などの特に伝えたい事柄を大きく記したりと、そのバリエーションには色々なものが考えられます。


    さらに路線バスということで、朝から晩まで一日中長い時間、そのエリア内の広い範囲を走り続けるという点も宣伝効果の大きさに繋がります。バスターミナルがあるような、多くの人が集まる市街地はもちろん、幅広い年代層の人たちが暮らす住宅街、学生たちが大勢いる学校の近くといったような様々な場所を走ることが想定されるので、大勢の人の目に留まりやすい宣伝方法だと言えるでしょう。