• 貸切バスにもラッピング

    ラッピングといえば路線バスや鉄道車両、または自動車では営業車や配送車などで自社の製品の広告や自社の社名を知らせるといったデザインの図柄を車体に貼るといったことで使われてきましたが、個人でも車体に好きなデザインを貼り付けるといったことにも使われるようになっています。

    今、最も注目を集める貸切バスのラッピングのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

    メリットは特殊なフィルムに大型インクジェットプリンターを使って印刷し、それを貼り付けるだけなので塗装よりも効率よく車体に図柄を表現することができます。
    一方でラッピングではカラフルなデザインが容易に行うことができるため貸切バスでも使われるようになっています。



    以前は車体は塗装によってデザインしたカラーを表現していましたが、この場合には時間も費用も掛かりますし、処分するさいにもそのデザインのままで行うことになります。
    貸切バスの場合には路線バスと異なり短いスパンで買い換えることになるため塗装よりもラッピングでデザインした方が費用面で節約になります。
    貸切バスをラッピングするメリットとしては、塗装と違って短時間で施工することができますし、またフルカラーで印刷できるので、ラインや文字だけでなく図柄を簡単に表現することができます。



    また売却するさいにはフィルムを外せば無地の状態にすることができますし、中古で購入するさいにも効率よく車体のデザインを変更することができます。

    デザインも短期間で変更することもできるので広告を車体に表現するのにも適しています。